menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ブログ、書き続けてきてよかった。
  2. 今年最後の北海道を漫喫してます。
  3. たくさんの優しさに涙が出そー。
  4. 今週は暑さとそしてクマが怖い。
  5. 今思えば、あの霧雨がいとおしい。
  6. 熱中症の恐ろしさを身をもって知りました。
  7. 暑さには負けない自信あったんだけどなー。
  8. 日中の車内温度は54度でした。
  9. あさひ納豆を食べてこの夏を乗り切ります。
  10. 車内で洗濯物干す時にも使えますね。
閉じる

梅原敦のキャディ日和

しかしここ最近暖かい。

キャディさんとして勝ちたい大会ってありますか?

1度は「日本オープン」か「日本女子オープン」の優勝キャディになってみたいな(*^^*)

『今はゴルフをやっていますが、梅原さんのような素晴らしいプロキャディになりたいと思っています。どうしたら梅原さんのようになれますか?
もう高校生ですが、やっておいたら良いことはありますか?プロキャディになる前の掟などもあると知りたいです。また、今ゴルフをする者としてプロを目指すためのアドバイスはありますか?もしアドバイスがあったらお願いします!

キャディになりたいのか、それともプロゴルファーになりたいのかがよく分かんないなー。

まずはじっくり考えて、自分の夢を明確にしてみよーか(๑・̑◡・̑๑)

プロゴルファーになれなかったらキャディになればいいや、ってのも悪くはないんだけど、それだとたとえプロキャディになったとしても、長くは続けられないような気がします(^-^)

今年はシブコフィーバーでハイタッチをするお子さんも増えてきたかと思いますが、女子プロとハイタッチをするのはどのタイミングが適当だと思いますか?あと、梅原キャディとはハイタッチできますか?』

難しいな( ̄▽ ̄)

やはりバーディやイーグルの後だとしてもらえそーだけど、ハイタッチは角度ややり方によっては肩を痛める可能性があるので僕個人的な意見としてはあまり選手にはやって欲しくないかなー。

これは野球の話だけど、ブーマーのハイタッチで門田選手は脱臼しましたからね(><)

あ、自分とはハイタッチできません\(//∇//)\

この一年間、貴兄のブログを読ませていただきました。ご苦労様でした。少し辛口のコメントですが、選手に対する貴兄のサポートはほめ殺し強がりの印象をこの一年感じました。ただ、QTファイナルの木村選手のサポートはブログを休むほど気合が入っていたと感じました。思い込みだけでなく気力が充実してできる仕事だと思います。来年も気力を充実させるため、まずは体力を強靭にして活躍され本年とはまた一味変わったレポートをねがいます。

この1年間だけしか読んでもらえてないのですね( ̄▽ ̄)

それならQT中に僕がブログを更新しないのは、それだけ気合いが入ってるからだと思われても仕方ないか(о´∀`о)

ブログはもう10年以上も続けてきましたが、過去全て、QT中のブログはお休みさせて頂きました。

理由はQTに関しては、途中の経過報告はいろんな意味であまりプラス要素を生まないかなーと僕が勝手に思っているだけです(^-^)

気合いの入れ方はツアーだろうと、QTだろうと、いつでも一緒ですよ。

ブログが“ほめ殺し”に聞こえるのは人それぞれの捉え方かなー。

“強がり”は・・・

その通りですよ(๑・̑◡・̑๑)

自分は誰よりも弱いから、常に強がって生きています(๑・̑◡・̑๑)

なので来年も、何も変えずにこのままのスタイルでブログを続けますよ♪

以前、小樽カントリーを大阪桐蔭と例えてましたが具体的に教えて下さいm(__)m

え!?

僕が例えました!?(*^▽^*)

記憶にないなー\(//∇//)\

でも例えそー( ̄▽ ̄)

要はそれだけ手強いって事でしょ。

具体的にいるかなー、これ??

まず。

大阪桐蔭って高校がありまして・・・

あかん!短くまとめれない(@_@)

これを本当に僕が書いてたとしたら、その時具体的に書いてなかったですか??

っていうか、こういう例えするの「小岸さん」じゃないの??\(//∇//)\

娘ちゃんのゴルフの本気度は?ちなみに、センスはいかほど?

本気度は3%。

センスは金田久美子ちゃんに動画見てもらったら、「全く無い」と言われました(。-_-。)

自分も競技ゴルフをやっていまして、ホール内ではミスは1回までにする!と決めてラウンドしていますが、どうしても2度繰り返してしまう事もありまして、その際は集中力を保つのが難しくなってしまい、スコアも崩れてしまいます。。帯同されているプロの方で、ミスをしてもメンタルを保つのが上手なプロはどなたでしょうか?
また、メンタルを保つためにプロが実際にやられている(心掛けている)事で、参考になる情報がありましたら、教えて頂きたいです。宜しくお願いします!

これはね、プロがどうしているかはちゃんと聞いた事がないから分からないんだけど、ゴルフはナイスショットを続けていくスポーツではないですからね。ミスショットを最後まで重ねていくんです。そう思って今度1度やってみて下さい(^-^)

今までよりもずっと楽にプレーできると思いますよ♪

でもそういう意味では、やはり「鈴木愛」選手はすごい。

彼女は“意味のある”ミスショットを打ち続けて、最後にパットを沈めて勝ちますからね。

来年は、木村選手を担がれるとのこと。活躍を期待しております。この選手とタッグを組む決め手は何かあるんでしょうか。ぶしつけな質問で申し訳ありません。

これまでは向こうから自分に声をかけてくれる選手のバッグは1回でも担ぎたい、というのがありました(o^^o)

木村彩子ちゃんを専属で担ぎたいと思ったのは、彼女の人間性とゴルフセンスです。

正直、メチャクチャ上手い。

あれで、あれだけの活躍しか出来ないのには何かしらの理由があるはずでしょ。

今シーズンずっと担がせてもらってその理由が分かったので、その部分を自分と一緒に少しずつ埋めていく事が出来たら、彩子ちゃんはもしかすると凄い選手になるんじゃないかって(๑・̑◡・̑๑)

あとは、以前から先輩キャディの「斎藤さん」と「東さん」から“専属キャディ”の良さをたくさん教えてもらってたから、1度挑戦してみよーかなーと♪


明日へ続く。

関連記事

  1. 福は栗が大好きなんです。

  2. 気付けばもう静岡に来て20年近くになります。

  3. 流れを変える新たな空間。

  4. 僕が東建に来たかったもう1つの理由。

  5. 道の駅のかき氷。

  6. 逆転の条件。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【コメントの際の注意点】
いつも梅原敦への応援コメントありがとうございます。コメント欄は、梅原敦への応援、ファン同士の交流としてお使い下さい。ただし、明らかな荒らし目的のコメント、過度な誹謗中傷、長文すぎるコメント、URL、リンク付きのコメントは削除対象となります。


スポンサー一覧

1974年4月5日生まれ。京都府向日市出身。
1998年の「つるやオープン」より藤田寛之プロとコンビを組み、以後15年間右腕として専属キャディーを務める。
藤田寛之プロとのコンビでは14勝をあげ、賞金王、海外メジャーなどでも常に横にいた。
2014年からフリーになり、以後は森田理香子プロ、成田美寿々プロ、李知姫プロ、鈴木愛プロなどとコンビを組み、2015年サントリーレディスオープンでは成田美寿々プロとのコンビで優勝。
2016年では「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」にて、塚田 陽亮プロとコンビを組み優勝をあげた。
通算21勝。

ピックアップ記事

  1. 終盤は苦し過ぎたけど、浩子ちゃん、最後の最後に2メートルのパーパットを決めてギリギリ予選を通過しま…
  2. 浩子ちゃん、初日はイープンパーで54位タイ(^-^)なんか、思ってたよりイーブンパ…
  3. ここ、「滝のカントリークラブ」はアップダウンがものすごいんです(><)まだ寒かった…
ページ上部へ戻る