menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. どちらもあと1名様までです。
  2. 良い人の周りには良い人しか集まらないんですね。
  3. 今日の天候の様なお2人でした。
  4. 定員まであと3名です。
  5. ゴルフを心から愛する皆様。
  6. 緊急開催決定٩(๑❛ᴗ❛๑)۶。
  7. 勝つためにこのチームで挑みます。
  8. 僕の好きな場所がまた1つ増えました。
  9. 33年ぶりの鳥羽水族館。
  10. お知らせです。
閉じる

梅原敦のキャディ日和

日本でのPGAツアー初開催。

甘く見てた( ̄O ̄;)


福岡からフェリーで大阪まで行き、そのまま突っ走れば15時までには習志野(ZOZOチャンピオンシップ)に着くだろと思ってたんだけど、思いのほか時間がかかり、到着したのは17時飯でした(>_<)

真っ暗でコースチェックなんて全然できない(TT)

明日は午前中大雨だし・・・(@_@)

まぁでも、時間の許す限り、開幕ギリギリまではコースを調べ尽くします!!!

会場の「習志野カントリークラブ」(千葉)に荷物を置きに行っただけなんだけど、本当にビックリしましたよ!?

あのゴルフ場のエリア内だけは、アメリカなんです( ̄▽ ̄;)


日本にいながら、あれだけアメリカを感じる事なんてまず無いな( ̄▽ ̄)

凄いですね、やっぱりPGAツアーは(@_@)

そこを、そっくりそのままアメリカにしちゃうんですから\(//∇//)\

“日本オープンの借りはここで返してやりますからね!!!”

と、言いたいところなんだけど・・・

PGAのレベルの高さは僕なりに分かっているつもりです。

「日本でやるんだから、日本人が絶対有利だよ」

なんて、色んな人に言われたけど、絶対そんな事ない。

どこでやろうと、もの凄いんですからあいつらは。

でもね。

僕から見れば今平くんだってもの凄い。

可能性は数パーセントだけど、ここでの活躍は今平くんのゴルフ人生を大きく変える。


やるからにはもちろん、“アメリカンドリーム”を掴み取りに行きますからね(๑>◡<๑)

関連記事

  1. 気分転換に色々変えてみます。

  2. 梅山知宏プロ優勝記念セール。

  3. 明日だけボミを応援します。

  4. 疲労回復にはこの丼。

  5. 究極のアイスコーヒー。

  6. もう1日お待ち致します。

コメント

    • ひろちゃん
    • 2019年 10月 21日

    梅ちゃん
    長距離移動お疲れ様(>人<;)

    習志野
    初観戦した思い出のコース♬

    今、PGA選手と肩を並べられるのは
    周吾くんだと思います(*´∀`)♪

    日本初開催PGA
    大和魂みせましょう٩( ‘ω’ )و

    • ゆずたま
    • 2019年 10月 24日

    梅原様
    ご無沙汰しております。
    今日横尾要さんの次にタイガーが大好きな私は家族3人と、昨日から泊りがけで千葉に来ています。今朝も早くから観戦。ふと9番、グリーン見たら今平さんがパットするところ、ちょっと元気がないなあと。あらっ、梅原君に似てる、もしかして!やっぱり。娘と、遠くから頑張ってと手を振りました。
    明日の活躍応援しています、梅原君も頑張って下さいね。雨なので冷えないように。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【コメントの際の注意点】
いつも梅原敦への応援コメントありがとうございます。コメント欄は、梅原敦への応援、ファン同士の交流としてお使い下さい。ただし、明らかな荒らし目的のコメント、過度な誹謗中傷、長文すぎるコメント、URL、リンク付きのコメントは削除対象となります。


スポンサー一覧

1974年4月5日生まれ。京都府向日市出身。
1998年の「つるやオープン」より藤田寛之プロとコンビを組み、以後15年間右腕として専属キャディーを務める。
藤田寛之プロとのコンビでは14勝をあげ、賞金王、海外メジャーなどでも常に横にいた。
2014年からフリーになり、以後は森田理香子プロ、成田美寿々プロ、李知姫プロ、鈴木愛プロなどとコンビを組み、2015年サントリーレディスオープンでは成田美寿々プロとのコンビで優勝。
2016年では「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」にて、塚田 陽亮プロとコンビを組み優勝をあげた。
通算21勝。

ピックアップ記事

  1. 『木村彩子』ちゃんが、掛川に来てくれました(o^^o)♪初日の今日は、僕が大変お世話になっている…
  2. 毎年、このキャディ企画に参加して下さるお客様(#^.^#)みんなおっきいから僕、子供みたい\…
  3. 神奈川県から来て下さったお2人(๑・̑◡・̑๑)実際にお会いしてお話しした事はなかったのです…
ページ上部へ戻る