menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 僕自身の歴史の中でもこの選手は特別なんです。
  2. 今週は最高の秋晴れ予報。
  3. 1番早く日が沈むのは12月の上旬なんだって。
  4. 本当は午前中に終わらす予定だったのに。
  5. 音質もとてもキレイに聴けますよ。
  6. 個人的には大満足の20位です。
  7. 狙うはもちろん、下克上。
  8. ブログ書いてる余裕もない。
  9. 何でも買えるわけじゃないんですね。
  10. 僕の中ではアイスコーヒーはドトールが1番かな。
閉じる

梅原敦のキャディ日和

日本一パッティングの上手い男。


真板さんね。




昨年末に、両膝の手術をしたんですって。




それを昨日、他の方から聞きました。








あの人は絶対に自分からそういう事を言わないんです。




昔からそうでした。




言い訳や泣き言は絶対に言わない。




今日はスタート前の練習場から、一球一球、顔をしかめるほど膝が痛そうでした。




そんな中、まず最初にスコアが動いたのは5ホール目のティーショットのOB。




昨日のスコアと順位を考えると、この満身創痍の状態で最初に2つ落としたら、予選通過はほぼ絶望的かと思えました。




ただそこから粘りに粘って、見事に予選を突破したんです。




現状がカットライン上かと予想しながらの最終ホールは、残り20ヤードのガードバンカーから1mに寄せるスーパーパーセーブ。




しかも、真板さんがホールアウトした瞬間に土砂降りの雨。




目には見えない力や運が、痛みを堪えながら最後まで諦めなかった真板さんを助けてくれたのかもしれませんね(๑・̑◡・̑๑)








あんなに痛そうな姿を見ていたら、決勝ラウンドはもう適当にやって下さい!(T . T)




と言いたいところなんですが・・・




僕はまだ、真板さんのパッティングを見ていません。




この2日間は1発も入ってないし(><)




ショットは膝に負担がかかるからだいたいでいいんですが、パターは入れて下さいね( ̄▽ ̄)




笑えるぐらいどこからでも入れてくるのが『真板潔』なんですから\(//∇//)\

関連記事

  1. 僕の中の永遠のアイドル。

  2. 甘く見てたらやられます。

  3. with 木村彩子プロ企画に参加して下さった皆様へ。

  4. 勝ってても全然おかしくなかったな。

  5. 優勝争いは次回に持ち越しです。

  6. 開幕戦からタオルがたくさん必要です。

コメント

    • 民泊パパ
    • 2020年 9月 18日

    入るよ!
    コロコロ入るって
    キャディーの梅ちゃんの
    気合で必ず入るよ(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【コメントの際の注意点】
いつも梅原敦への応援コメントありがとうございます。コメント欄は、梅原敦への応援、ファン同士の交流としてお使い下さい。ただし、明らかな荒らし目的のコメント、過度な誹謗中傷、長文すぎるコメント、URL、リンク付きのコメントは削除対象となります。


スポンサー一覧

1974年4月5日生まれ。京都府向日市出身。
1998年の「つるやオープン」より藤田寛之プロとコンビを組み、以後15年間右腕として専属キャディーを務める。
藤田寛之プロとのコンビでは14勝をあげ、賞金王、海外メジャーなどでも常に横にいた。
2014年からフリーになり、以後は森田理香子プロ、成田美寿々プロ、李知姫プロ、鈴木愛プロなどとコンビを組み、2015年サントリーレディスオープンでは成田美寿々プロとのコンビで優勝。
2016年では「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」にて、塚田 陽亮プロとコンビを組み優勝をあげた。
通算21勝。

ピックアップ記事

  1. 今週の「三菱電機レディス」(埼玉)では、久々に・・・。もう何年ぶりだろ( ̄▽ ̄)お…
  2. 家の事少しやったり、何日かアルバイト行ったりしてたら1週間のお休みなんてすぐに終わりますね( ̄▽ ̄…
  3. オープンウィークだった今週は、3回「菊川カントリークラブ」へアルバイトに行かせて頂きました(^-^…
ページ上部へ戻る