menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. たしかにこの味なら1時間並べる。
  2. 初・鬼滅の刃。
  3. 佐藤コーチに教えて頂きましたよ。
  4. 台風がこっちに向かってきてますねー。
  5. あっという間の夢の様な1週間。
  6. 鳴尾にやられっぱなしでは帰れない。
  7. 日本一パッティングの上手い男。
  8. 自然の造形美は川奈に匹敵しますね。
  9. あのパッティングをこの目にしっかりと焼き付けます。
  10. あの頃の思い出が次々と・・・。
閉じる

梅原敦のキャディ日和

自然の造形美は川奈に匹敵しますね。


入らなかったなー(><)




高麗グリーンの悪循環にハマった感はありますが、本来の真板さんのパッティングなら、高麗だろうとベントだろうとそんなのは全く関係ないはず。




何かしら、イメージのズレがあったんでしょうね。




パターが入らなかったとはいえ、7オーバーは真板さんにとっては有り得ない数字です。




このまま終わるわけにはいきません。




明日は巻き返すぞーψ(`∇´)ψ




勝負はこれからです(๑・̑◡・̑๑)








しかし、ここ「鳴尾ゴルフ倶楽部」は本当に素晴らしいコースですね(*^^*)




もう少し距離があれば“全米オープン”だってできそうですもん\(//∇//)\




今年がちょうど開場100周年だそうです(o^^o)








残念ながら初日は出遅れましたが、どうしてもここで4日間キャディがしたい。




真板さん(><)




パター、遠慮なく炸裂させたって下さい(๑˃̵ᴗ˂̵)

関連記事

  1. 世界への扉。

  2. 今年初の弓美子ちゃんです。

  3. 何度経験しても嬉しいもんですね。

  4. 僕にとっては頼れる兄貴です。

  5. 伊賀と言えばハットリくん。

  6. 日本で1番美味しいフィナンシェ。

コメント

    • 民泊パパ
    • 2020年 9月 18日

    梅ちゃんお疲れ様
    2日目は面白い位に
    コロコロ入るよ
    パッティングとは
    そんなもん(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【コメントの際の注意点】
いつも梅原敦への応援コメントありがとうございます。コメント欄は、梅原敦への応援、ファン同士の交流としてお使い下さい。ただし、明らかな荒らし目的のコメント、過度な誹謗中傷、長文すぎるコメント、URL、リンク付きのコメントは削除対象となります。


スポンサー一覧

1974年4月5日生まれ。京都府向日市出身。
1998年の「つるやオープン」より藤田寛之プロとコンビを組み、以後15年間右腕として専属キャディーを務める。
藤田寛之プロとのコンビでは14勝をあげ、賞金王、海外メジャーなどでも常に横にいた。
2014年からフリーになり、以後は森田理香子プロ、成田美寿々プロ、李知姫プロ、鈴木愛プロなどとコンビを組み、2015年サントリーレディスオープンでは成田美寿々プロとのコンビで優勝。
2016年では「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」にて、塚田 陽亮プロとコンビを組み優勝をあげた。
通算21勝。

ピックアップ記事

  1. 来週の「日本女子オープン」(福岡)に出場するため、東京にある日本ゴルフ協会へPCR検査を受けに行っ…
  2. すごい人気だから、学校で友達との話題に付いていける様にと思い、娘と一緒に一話目を見てみたんです。…
  3. 娘が\(//∇//)\この辺でゴルフを教えてもらとなると、やっぱり『佐藤芳行』コー…

新着コメント

ページ上部へ戻る