menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. これを一期一会って言うのかな。
  2. 初日にしてもう9打差。
  3. これで予選落ちたら何しにきたか分かんない。
  4. 出発なのでビールは飲めませんでしたが。
  5. この勢いなら家の周り一周行ける。
  6. 4日間で勝つ人は本当に強い。
  7. 谷原くんと一緒なのが何より楽しみ。
  8. 最後のバーディは粘り抜いたご褒美ですね。
  9. 秋は1番眠いし寝れる。
  10. 優作くんは令和版「西郷隆盛」って感じ。
閉じる

梅原敦のキャディ日和

ここは気を抜いた瞬間にやられます。

今大会のロゴマークの中にある松の木。


これは・・・

18番グリーンの右手前にある、この松の木ですね(๑・̑◡・̑๑)


形がそーだもん。

みんな気付いてるのかな( ̄▽ ̄)

84回目の「日本オープン」がいよいよ明日から開幕します。


相手は全く関係ない。

コースとの真剣勝負です。

4日間、72ホール。


僕の中では、真っ向勝負で古賀に勝てるのは、この人しかいない。

関連記事

  1. 愛媛は母親の故郷なんです。

  2. 21時間なんてあっという間です。

  3. 我孫子の伝統と格式。

  4. タイトルを考えてる時間も惜しい。

  5. 1月31日の南コーチのイベントにご参加の皆様へ。

  6. 剥がれかけのシール。

コメント

    • デニ
    • 2019年 10月 17日

    梅原さん
    がんばって~

  1. この記事へのトラックバックはありません。

【コメントの際の注意点】
いつも梅原敦への応援コメントありがとうございます。コメント欄は、梅原敦への応援、ファン同士の交流としてお使い下さい。ただし、明らかな荒らし目的のコメント、過度な誹謗中傷、長文すぎるコメント、URL、リンク付きのコメントは削除対象となります。


スポンサー一覧

1974年4月5日生まれ。京都府向日市出身。
1998年の「つるやオープン」より藤田寛之プロとコンビを組み、以後15年間右腕として専属キャディーを務める。
藤田寛之プロとのコンビでは14勝をあげ、賞金王、海外メジャーなどでも常に横にいた。
2014年からフリーになり、以後は森田理香子プロ、成田美寿々プロ、李知姫プロ、鈴木愛プロなどとコンビを組み、2015年サントリーレディスオープンでは成田美寿々プロとのコンビで優勝。
2016年では「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」にて、塚田 陽亮プロとコンビを組み優勝をあげた。
通算21勝。

ピックアップ記事

  1. 残り5ホールで2つ取らないと予選を通過できませんでした。後半少し立て直してきたとはいえ、今…
  2. 3アンダーまでは順調に行ってたんだけどなー後半3ホール目の素ダボが痛すぎました( ̄…
  3. 今週の「富士通レディース 2021」(千葉)では、李知姫選手のキャディ をやらせて頂きます(o^^…
ページ上部へ戻る